素敵な夫婦の年賀状が今でも忘れられない!PCインストラクター時代の話

私は以前、パソコンインストラクターとして働いていましたが、
奥様がずっと通っていらっしゃり、旦那様は退職後、自身のホームページを立ち上げ、自分のプロフィール作成や、趣味のページを作りたい。
とのことでした。

ほぼ私が担当していましたが
日々、趣味ページが増えてゆく…。

旅行
ワイン

シャンソン
年賀状…

その中でも思い入れの出来事様にページがまた出来て増える増える!
ホームページを作成するならば、自分以外の人物のプライバシーに配慮するよう写真の加工がとにかく大変だったのが年賀状です。
毎年旦那様が前年の出来事と、新年の干支を絡み合わせた手書きのユーモアたっぷりの4コマ漫画を描いていますがそこには余白に住所など…

はがきにおさまらないくらいの4コマ漫画と、
来年の抱負などなど、めいっぱいかかれているので毎年住所が一定の場所になく、
そして、漫画などにも奥様の名前や、孫の名前、場所が特定できる内容が含まれているため、それを隠すだけの作業で1時間はあっという間。
でも、何十年分もあり、年によっては夫婦が干支でかかれていたり、奥様だけ干支に変身したり。

とにかく、受け取った方が来年を楽しみにする様な年賀状。
なのにすべてモノクロ…
不思議な魅力、初めて見たタイプの年賀状でした。